パソコンで手早く

タイピング

企業における文書の扱いはもともとは手書きのものでした。しかし、タイプライターが普及したことによって公式の文書は手書きからタイプしたものになり、均質化して誰でも読めるものという状況が生まれました。さらに時代が進むことによってワードプロセッサが登場し、文書の電子化が起こり始めましたが、誰もが利用できるものではない状況が続いていました。 しかし、ITの普及が全てを一新しました。IT革命とも呼ばれる一連の情報技術の進展を生み、パソコンを扱えるのがスキルと思われていたのも束の間となって、瞬く間に常識的に有しているスキルとなりました。これにより企業では文書は電子化して扱われることが一般的となる時代になったのです。

現状においては大多数の企業において文書に携わる社員には一人一台のパソコンが支給される状況ができており、あらゆる文書が電子化されて管理されるようになっています。セキュリティーやバックアップの観点が未だに欠けている人がいるため、そのための注意喚起が定期的に行われている状況があるものの、今後もこういった文書が電子化して扱われる状況は継続するでしょう。 一方で、紙資源を無駄にしないという観点も広まっています。これからの方向性としてより印刷を行わず、ペーパーレスで全て電子化されたまま扱うということが増えてくると予想されます。それを助けるのがタブレット端末であり、一人一台の支給が行われることが一般化される日も遠くはないでしょう。