環境の為に

今、鉱物から作る紙、ストーンペーパーが注目されています。鉱物が原料と聞くと、いかにも固い紙を連想しますが、実はその逆で、非常にしなやかな特質の紙です。森林資源を利用しない紙では、石油製品の紙が存在します。どちらも、森林伐採に繋がらないという環境面がアピールの対象となっています。療法とも次世代の紙と言われます。普通の紙なら、水にぬれただけで破けてしまいますが、ストーンペーパーは、水にぬれても変質しない特性があります。石油製品の紙には及びませんが、森林資源の紙よりも環境負荷が少なく、原料の枯渇が心配されることもありません。原料は、地球上に無尽蔵に存在する石灰石であるためです。今後の普及が期待されます。

環境負荷が少なく、柔らかい特質を持つストーンペーパーですが、広く普及するためには、まだ課題がたくさんあります。生産性が上がっていないために、その単価は森林資源の紙よりも高いのです。しかし、石油製品の紙よりは安価であるため、単価調整によっては普及が見込めます。このストーンペーパーは、非常に丈夫で、折り曲げることでの劣化が少なく、地図などを作るのにも適しています。そして、美しい印刷も可能で普通紙と遜色ない利用ができます。それらを付加価値と捉えて売り出せば、ストーンペーパーをヒットさせることは容易であると考えます。しかしながら、改良の課題もあります。現在はは、高温や強酸に対する耐性のある製品を目指して、開発が進めら得ています。